[コラム]ランニング初心者は5キロマラソン出場を目指そう!

マラソン大会デビューでランニングの楽しみ広げよう!

こんにちは!
ランニング大好きライター岩谷です。

走る目的は人それぞれ。ランニングにはいろいろな楽しみ方があります。その中でも、多くのランナーが楽しんでいるのが、マラソン大会への参加です。今回は、初心者のあなたにこそ知ってほしい、マラソン大会で走ることの楽しさについてお話します。


■30分続けて走れるようになったらマラソン大会に出よう!



ランニングを始めたばかりというあなた。
練習の成果は出始めていますか?
どれくらい続けて走れるようになりましたか?

「ランニング初心者は、まずは歩くことから」でもお話しましたが、ランニング初心者が目指すところは、まず30分歩くことから始めて、歩いたり走ったりを繰り返しながら、とりあえず30分続けて走れるようになることです。

今まで全然走れなかったのに、30分も続けて走れるようになると、けっこう走るのって楽しい!と思えるようになってきたのではないでしょうか。そうなればあとは、もっと速く走りたい、もっと長い距離を走りたい・・・などと、ランニングの魅力にハマっていくのは時間の問題です。

そんなランニングの楽しさに目覚め始めたあなたにぜひおすすめしたいのが、マラソン大会への参加です。
マラソン大会なんて、ビリっけつになっちゃったら恥ずかしいし、ちゃんと完走できるかわからない・・・と、初心者のあなたはためらってしまうかもしれませんね。
自分の好きな道を好き勝手に走るのは気楽で楽しいものですが、マラソン大会に参加して、決められたコースを他のランナーと一緒にスタートしゴールを目指すというのは、また違う楽しさがあるのです。

追い抜いたり追い抜かれたり(最初は追い抜かれっぱなしかもしれませんが)、いろんな人が応援してくれたりで、一人で走るときに比べテンションも上がり、大会ならではの高揚感を味わうことができます。
最初はドキドキでも、参加してみると意外に楽しかった、また出たいと思う人が多いんですよ。


■5キロマラソンが初心者のマラソン大会デビューに最適な理由

マラソンといえば42.195キロ(フルマラソン)ですが、初心者がいきなりフルマラソンというのは少し無理があるので、まず手始めに短い距離のマラソン大会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

通常マラソン大会は、一般道を交通規制して行われるため制限時間が設けられており、市民ランナー向けのフルマラソンの場合、おおよそ6~7時間という制限時間内にゴールしなければ完走となりません。
しかもコース途中に何か所か関門が設けられていて、決められた時間までに関門を通過しなければレースを中止させられてしまうため、フルマラソンは初心者にとっては少々ハードルが高いといえます。

しかし、5キロマラソンの制限時間は、おおむね40分~1時間程度に設定されていることが多く、公園や河川敷など一般車両の入らないクローズドコースの場合は制限時間がないという大会さえもあります。もちろん関門もありません。

とりあえず、30分くらいは走れるようになったという初心者のあなたでも、5キロマラソンならば安心してチャレンジできるでしょう。
最悪、コースの途中で力尽きて歩くことになったとしても、残りの距離はたかが知れています。歩いたり走ったりしながらでも完走は可能なので、恐れることなくマラソン大会デビューしちゃいましょう!


■自分に合ったマラソン大会を見つけてエントリー!

そうと決まったら何はさておき、まずは大会へのエントリーです。マラソン大会は一部の大会を除き、今日出たいから出られるというものではありません。
開催日の何か月か前に、事前にエントリーをして参加料を払っておく必要があります。

エントリーは、ランネットスポーツエントリー、などのWebサイトから簡単にできますが、人気の大会はエントリー開始直後からエントリーサイトへのアクセスが殺到。あっという間に予定人数に達しエントリー締め切りということもあるので注意が必要です。

エントリーサイトには、さまざまな大会が掲載されており、目的の5キロマラソンを検索することができるので、制限時間をはじめ会場やスタート時間、エントリー費などの情報も合わせて、自分に合ったマラソン大会を探してみましょう。

エントリーが無事終わったら、あとは大会に向けて練習するのみ。なにせ初めてですから、タイムがどうこうではなく、まずは制限時間内で完走できれば合格です。とはいえ、今現在の自分の走力を試す良いチャンス。初めての大会なので必ず自己ベストが出ます⁉
持っている力を全部使い切ってベストタイムをたたき出しましょう!

5キロマラソンを完走できたら、また出たいと思うはず。
今度はもっといいタイムで走ろう!あるいは、今度は10キロマラソンに出ようか。そうなったらあとはもう、ハーフマラソン、そしてフルマラソンへとどんどんステップアップしていけばいいだけ。
モチベーションもアップし、ランニングライフがさらに楽しくなるはずです。

いまコロナ禍の折り、大規模なマラソン大会が中止になるなど、大会参加を楽しみに走っている市民ランナーにとっては受難の時が続いています。
そんな中でも、ようやくローカルな小規模のマラソン大会は、コロナ対策を行ったうえで各地で開催されるようになってきています。

【Cross×】でも、5キロマラソンの部もある「スマイルマラソン」などを定期的に開催しています。ぜひ、あなたのマラソンデビューに参加してみてはいかがでしょうか!



おすすめ記事